ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

響きあうと明け渡す 〜ひとつのブレイクスルー〜

これは無理、言えない

わかってもらえるわけない

そんな想いを
聴き、受け止めてくれた仲間がいて

おかげさまで

世界がまた
どんどん展かれていっています

 

感じる感覚が
さらにさらに微細になるような
そんな機会を次々にいただき


そのおかげさまと

この、大きくて大切な流れの
おかげさまで氣がつけたこと

 


わたしがわたしを
否定していた中でも
わりと代表選手のことがらに、


以前もFacebook
書かせていただきましたが

青くみれば青く在り
赤くみれば赤く在る

そんな性質(たち)がありました

 

それをもって

じぶん軸が弱い
じぶんがない
などと、

自己攻撃てんこ盛りの嵐


けど、たくさんの方の

それもそれも、それも
イイんだよ

それでもそれでも、それでも
大丈夫


そんな愛のシャワーを
浴びせつづけていただいたおかげで

その性質(たち)を
はじめて違う角度から眺めてみることが
できたのです


そして、
すべては

じぶんのため
倖せのために起きている
そんな視点も加えてみたら

あら不思議


何も変わっていないのに
まるで違う世界に

 

これだけ盛大な移ろいの中に在るのに

ひととして
良さげな感じがせず
じぶんでも( ;´Д`)しょぼ〜ん
って感じのものなのに

それでもドカンと在り続けるからには


【 わたしが選んでいるんだ 】


そこに立ってみると


いや、
ホントにホントに
ホントに

わたしが『好きだから』
やっていたんだってことが
腑に落ちました

これまで
ひとに想われるように在ってしまっている
という否定からくる思い込みの判断を
その行為に与えていましたが

 

全然、違う見方も出来たっっっ

 


明け渡してしまっていたのではなく

【 響きあって 】いたのだ


また

そこに一番大きく
氣がつけたおかげで
いっきにチカラがぬけたのは

じぶんに起こる響き

それの翻訳機能が
まるでフラットに働いてくれて
いなかったってことでした

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

相変わらず日の入りと共に
スイッチが切れてしまい
早々に眠っていたところ

ふと夜中に話しをすることに


なんとなくその時は
あかちゃんみたいだなって
そんな感覚でした


否定も固定もないところのはずなのに
いつもの例のそのスイッチ、全開

あれ〜〜〜

まぁ相変わらず
その辺のところは「委ねる」専門で
コントロールとか
いまのところ完全に無理なかんじなので

起こるままにまかせる


ただ、それだけ


ひとが「はなす」ことで起こせる
変容のすごさ、すばらしさ

その恩恵を
ついこのモード、

起こるままにまかせる
モードでいくと


ご存知のとおり
よ〜〜く怒られたりしたものですが

(苦笑)


己れの内にも
否定を湧きおこすこともなく
ただただ
ただただ

そこに在り
呼吸(いき)をして

ソレをやっていたら、


何を言っているんだろう
なんで泣いているんだろう

必要だから
大切だから
愛だから

で、いたら


翌朝、わたしのカラダに
ブレイクスルーが起きました


カラダの感覚のため
今一つ現しきれないけれど


お子さん達が
なんだか朝からずっと
きらきらと笑い続けています


まっすぐに
わたしの求めるままに

響きあうことができたから

だったのだろうなと

感じています


いいのか、わるいのか
共にあった相手も
同じように移ろえるものかわかりませんが、


じぶんを
ひとを

相手を

そこがいまだった必然を

今度は間違うことなく
わたしは信じきります

 

そして
わたしの内にわく響きそのままに

現すこと
伝えること

じぶんを出すことを


いまここに
選択します

 


 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に

ありますように

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

すべての輝きと共に

 

魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で
心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

f:id:nukunukuhidamari:20170301061308j:image

テーブルクロスを引き抜いた 〜いっか、空っぽで〜

ふいに

大いなる閑けさと
微細な波に身をおかれ

 

混乱した日々

 

 

いつかテーブルクロスを引き抜くときが
来るのを感じながら

その瞬間(とき)は
あまりにも未知でドキドキで

訪れて欲しいような
やめといていただきたいような。。


そんな感覚を抱いていた氣がします

 


テーブルクロスを引き抜くって


あの、見事なテーブルセッティングをして
で、意識と呼吸で
上のお皿をいっきに引き抜く、

アレ

 

 

閑けさの中は
居心地がよく

出すも入れるも
足すもひくもなく


ただただすべてが輝きにきこえる世界

 

ん?
あれ???


こんなんで良いのかなぁ。。って
時々想って
「なにか」を、採用してみる

 


閑せさを取り戻し

そのあと

いま一度大騒ぎしてみたら

 

今回、じぶんの採用パターンがわかりました


じぶんの身に体験させる移ろいを
どこから見出すのか

 

 

生きること、
存在すること、

人生の日々の展開は
楽しむために起こし
体験すること自体が目的


そのことを
改めてみてとれた氣がしています


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


スクールの夏休み企画として開催した
「じぶんのじかん」


その時、

じぶんを生きる
主体的に生きる

と、そうでない選択の間にある

「ところ」に触れた

 

それは
わだかまりであり
反発であり
諦めであり
うんざり感のようなもの

 


これか、
これなのか

これなんだな。。って

 

思わずソコに見入り
み続けてしまった

 


わかりますかね、
ひだまり感覚の
いつものズッコケっぷりからの
この失敗


わだかまりの源である
そこに魅入られてしまったんですよ
ずいぶん長らく

 


なんとか
良さげな表現をすれば

「聴ききった」


じぶんが納得できるまで
ソコを聴ききった
感じきった

 

 

えぇ
誰に頼まれた訳でも
それがなんの為になるかも
わからないけどね

相変わらず
わたしさんが勝手に( ̄ー ̄)

 


そこを軸に
閑けさの中から
自らの動きを起こそうと
あの手この手した日々

 


やっとやっと
やっと納得してくれたみたい
わたしさん


だってなんのことはない
閑けさにいれば
いいだけのことなのだから

 

今回、[これまでのじぶん]

をカタチどるかのように


派手にいろいろ採用し
大きくいろいろ感じ、移ろい、現わしてみて


改めて

 

 

【閑けさの中で
移ろいを感じきる 】


それが
いまの私なのだ

 

なんだ

それでよかったんだと
思い出しました

 


場にある
人との関わりの中で

何処を聴き
なにを採用しているのか

 


その癖を
すぐに100%手放せるのかどうか
わからないけど

うん、別に
100%手放さなきゃって訳でもないけど

 


けど、

やらなくても、いいな
ソレはわたしが

 

お任せでd(^_^o)

 

 

人の中でも
人の前でも

空っぽでいるのに
慣れよう


 
∞ 



 

生きとし生けるものが


今一番しあわせの場所に
ありますように

 



∞              ∞              ∞              ∞ 



 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life 



 

すべての輝きと共に 




 

魂のヘルパー ひだまり
nukunukuhidamari333@gmail.com

 




魂サポート 5000円



いま、じぶんはどんな状態で


心は、からだは、意識は
なにを求めているのか



魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に


丁寧に寄り添います

 



∞              ∞              ∞              ∞

 

 f:id:nukunukuhidamari:20170228143027j:image

 

あ、だからそれを

今度は

 

 

肩のチカラ抜いて

 

悦びのミチ

 

でね

 

 

 

うん

 

 

(笑)

 



生きとし生けるものが
いま一番しあわせの場所に
ありますように

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life



すべての輝きと共に

あなたを超えて
あなたを愛してもいいですか?


魂のヘルパー ひだまり
nukunukuhidamari333@gmail.com



魂サポート 5000円

いま、じぶんはどんな状態で

心は、からだは、意識は
なにを求めているのか

魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

∞ ∞ ∞ ∞ ∞


f:id:nukunukuhidamari:20170220124952j:image

あ、ちょっと誤解を産みそうな表現でした、、

どうでも良いとか

 

大事じゃないって

 

 

 

そういう意味じゃないし

 

 

他の方視点

 

他の方視野でいったら

 

 

 

きっとずいぶん違う景色なのでしょうが

 

 

 

 

 

わたしの

在り様

 

 

わたしの

視界では

 

 

そのものになるってこと

 

 

 

 

ど真ん中だから

そんなものはみえない

 

そんなところに在る

 

 

状態

 

 

 

それが

 

わたしにとっての

 

居きる

 

活きる

 

いきる

 

 

かな

 

 



生きとし生けるものが
いま一番しあわせの場所に
ありますように

∞             ∞             ∞            ∞ 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life



すべての輝きと共に

あなたを超えて
あなたを愛してもいいですか?


魂のヘルパー ひだまり
nukunukuhidamari333@gmail.com



魂サポート 5000円

いま、じぶんはどんな状態で

心は、からだは、意識は
なにを求めているのか

魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

∞            ∞            ∞            ∞ 


f:id:nukunukuhidamari:20170220123442j:image

そしてそんなことは、、、

 


昨日、今日と書かせていただいたこと


そんなことは

 

愚かさ全快の中、
みなさんが伝えてくださっていたように

 


そんなところを
みていたのでは


人生が進まない

 

『 生きる 』ことの
はしのつっかえ棒にもならないから


だから

 

 

こうして

 

てばなすのを
手伝っていただきました

 

 

いま一度


いきる

いきはじめる

 

ために

 

 



生きとし生けるものが
いま一番しあわせの場所に
ありますように

∞             ∞              ∞             ∞ 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life



すべての輝きと共に

あなたを超えて
あなたを愛してもいいですか?


魂のヘルパー ひだまり


nukunukuhidamari333@gmail.com



魂サポート 5000円

いま、じぶんはどんな状態で

心は、からだは、意識は
なにを求めているのか

魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

∞             ∞             ∞             ∞ 


f:id:nukunukuhidamari:20170220122606j:image

ほんとにほんとにに小さなこと 【 すきとおった想い 】

またまた話しが続いてなくて

ごめんなさ〜い( ̄▽ ̄)

 

ここしばらく、愚かさ全快的に
進ませていただいてきたのかな
って
そう思いますが


昨日書いたこと、

 

わたしは「それ」が
ストーリーに過ぎないことを
知っている加減には

 

心得もあるのです


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

以前、
黙っていない性格が、、
というブログを書かせていただきましたが

http://nukunukuhidamari.hatenablog.com/entry/2016/12/07/黙っていない性格が、、、

 


ホントのことって
大切なことって

じつに些細な
ちっちゃな想いだって
思うのです

 

このときここで書いたこと

人に響くようなことって


なにか
スゴいことを
言ったりした訳じゃ
まるでないです


一番最初の
ちょっとした誤解

ちょっとした

「あれ?」
「え゛っっ?」
「いや……」

のトキに

そのままにしちゃうから


だから
雪だるま式に嘘みたいに
次々、次々とブレ、ズレが重なり重なり

ゴカイの嵐のようなモノと化してゆくなって

そうみていて

 

で、

 

その最初の

「あれ?」
「え゛っっ?」
「いや……」

に、
例えすこし進んでしまっても
数個確かめて
そこまで戻って

で、
その誤解の源が

「そのもの」で在りあえたら


あっという間に


澄みきってしまう


すべてが

 

 

それって
◯◯君が悪かったんじゃない

とか

これをしようとしただけだったんだよね

とか

 

なんかそんな
そんな


【 あたりまえ 】

【 ありのまま 】


の中

 

その中の
ほんの些細な想い

 


そこに
宇宙をひっくり返すくらいの勢いのぱわ〜が
宿っている

 

 

そして
どんな人生

どんなストーリーも


そんなそんな
些細で小さな想いによって
綴られ
創られているんじゃないかって


わたしは
そう感じています

 

 

発してしまうと

 

シンプル過ぎて

もともとすぎて

 

雲を、夢を掴もうとするときのように
とりのがしてしまうような


そんな

そんなすきとおった
想い

 


人生って

そんな
すきとおった想いを

現しつづけている瞬間(とき)

 

なんじゃないかなって

そう
感じています

 


 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に

ありますように

 

∞            ∞             ∞             ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life


あなたを超えて

あなたを愛してもいいですか?

 

 

魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で


心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

f:id:nukunukuhidamari:20170220091542j:image

 

 

 

 

ない生活 【 序章 】

つづく、

といいつつ


続いてなくて申し訳ありませんでした

 

意図せず
ネット断食に突入してしまってました
m(_ _)m


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜

 

以前にFacebookでも書かせていただきましたが

 

子どものころ天に放ったのが
「誰にも知られずに
こっそりすごいことをしたい」
というものだったおかげ様でか

 

ひだまりは


じぶんで言わなきゃ
誰も知る由もない世界

 

はげしく感覚世界の住人になってしまいました

 


まぁ、
いつも書かせていただいてますし
実際そうなので
そうだと
わたしは疑いなく想っていますが

 


わたしが
特別なんじゃなく
み〜んなそうなんだけど

 

皆さん見事すぎて


その、のりかたが
神業すぎて

 

ひだまりと違って
翻弄されてないだけ

 

 

表現する方向性の違いから


昔っから

 

ひだまりだから
とか
ひだまりはスゴいとか

 

言っていただく機会も
多くいただいてきましたが、

 


わたしにしたら

 

いや
あなたの方が
よっぽどスゴいから、、、、、( ̄-  ̄ ) ンー

いつもいつも
感じているわけです

 

 

で、で、で
話し戻して

 

 

全然ひっそりしていたい想いがあっても、

 


そうでない想い、
が、あるのもホントで

 

、、、

 


Facebook


素直にもがき
ウガウガ騒ぎながら

 

ぼちぼち折り合いをつけつけ


ひだまりの感覚がまぁ〜るで
Word Wideしていなくても


ブログを書き始めさせていただきました
m(_ _)m

 

 


ちなみに、


とやかく言わせていただこうとしている方の
おひとりに

間違いなく


ばぁ〜〜〜〜〜〜かっっ

と、鋭い愛のムチを
入れていただけちゃいそうですがヽ(´o`;

(笑)

 

もしかしたら

なんだか大騒ぎしながらも
ブログ書き続けてるのは、


収入のためだろう
などと、

 

 

きちんと
ひだまりのことも

 

時代の「いま」に
のせてくださっている方がおられるかも
しれませんが

 


残念ながら

そんな知識や技は
まだ身につけられておりません

 

って
胸張っていってる場合じゃないけど( ̄▽ ̄)

 

 

もちろん

書くの楽しくて仕方なかったので


念のため
そっちの方面でも学んで


小さくともコツコツと
そっちにもっていこうと
思っていたのですが

 

いやいやいやいや

 

「じぶん」のささ舟加減に
ゆら〜れゆられまく〜りで


さらに
そういうの上手じゃないから


それどころじゃないまま
いまに至っております(; ̄O ̄)
ザンネンっ

 

 

ひとつひとつ、
ね(^-^)b

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

で、ネット断食

 

これが想いの他快適すぎて

 

ついつい
快適さに浸っておりました
m(_ _)m

 

 


それはまるで

 

10年前に
テレビをやめた時に感じた開放感を
上回る勢いで


わたしは
深い深い安らぎに
包まれておりました

 

この辺りのこと

後ほどまた

書かせてくださいませ

 

 


このスマホ


画面もしばらく完全に開かなくて


もうこのままでいいかな、、
と感じ始めていたのですが

 


やっぱりまた
ささ舟加減にゆら〜〜りゆられて

戻ってまいりました
m(_ _)m

 

 

 

ネットあると便利だし

 

開かないなら開かないで
やっていけるけど

 


そうなると

 

ひだまり感覚では

 

 

完全に
みなさん存在しなくなっちゃうわけ

 

 

 

わたしの「ココ」は


もともとそうだったのが
昨年末あたりから


拍車がかかったミラクルっぷりで

 

ときどき
モーセかっっ

ツッコミいれたくなる程でした(*_*)

 

 

時空って
どんだけ
いったりきたり?!
みたいなね。。。

 

 

あ、
その辺もまた
是非書かせていただきたいです

 

 

 

で、


だからね

それはそれで


いいのかな。。

 

 

ただただじぶんを信じて
導きを信じて
あゆみ続けてゆけば、、と


も、思いはじめちゃっていました

 

 

 

 

関わりがなくなり

 

わたしの世界には
皆さんが存在しなくなり

 

 

幻だったかな。。
ホントは居なかったのかな。。


って
くらいになりはじめて

 

 

 

 


いや

 

やっぱり
居ていただきたいなって

 

 

やっぱり
やっぱり
そう思ったら

 


ネット見られる方法が見つかって

 

 

 


そしたら

そういえば
状況が状況だっただけに


心配をしてくださっている方々も
いることを思い出し

 

(T ^ T)アリガトウゴザイマス

 

 

 

また、


それはそれで
構わないのだけれど

 

それはそれでしか
ないのだけれど、

 

 

以前にも書かせていただいているように

 


もう
すでに

放たれている「ひだまり」さんは

 

 

読んでくださった
出逢ってくださった

 

赤木さんの中の
ひだまり赤木号

 

白木さんの中の
ひだまり白木号

 

青木さんの中の
ひだまり青木号として走り始めているわけで

 

 


書かないでいると

 

ひだまり赤木号
ひだまり白木号
ひだまり青木号

が、ひとり歩きしてゆくんだなぁ

 

 

じふんで上書きしてゆかないと

 

まるで
赤木号や白木号や青木号が
ひだまりであるかのように

 

なっちゃうんだなって

 

感じはじめて

 

 

 

ひだまりを
じふんで存在させたからには

 


その存在に
責任をもとう

 


だれかの世界に、

だけじゃなく

 

 

やっぱりわたしも
「ココ」に


存在させていただこう

 

 

そう思いましたm(_ _)m

 

 

 

 


また
いろいろシンクロしてたり
するかなぁ。。

 

誰のもなにも
読まずに書いたよ〜〜w

 


シンクロにも、

そのスゴさについ


はらはらドキドキしがちだったけれど

 

 

ネット断食のおかげで

 

やっぱりどう防ごうとしても

シンクロの中でしか生きられないことを知り

 

生かされているのだから

その外で

生きられるわけ、ないんだけど^_^;

 

これからはシンクロも

ますます
存分にありがたがり
楽しませていただこうと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

生きとし生けるものが

いま一番しあわせの場所に

ありますように

 

∞             ∞             ∞             ∞             ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

 

 

すべての輝きと共に

 

あなたを超えて

あなたを愛してもいいですか?

 

 

魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

 

魂サポート 5000円

 

いま、じぶんはどんな状態で


心は、からだは、意識は
なにを求めているのか

 

魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞             ∞              ∞             ∞             ∞

 

 

f:id:nukunukuhidamari:20170219081226j:image