ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

堅いあたまを越えて天と繋がるためには

あたまが堅いよね、っ表現聞いたことありますか?

話しが通じない

なんて時に使われたりしますね。


そしてこれは

「考え」がギッシリ詰まっていて
「これまで」の枠に縛られていて

脳がぎゅうぎゅうに萎縮している状態のことだと私は感じています。


ここから抜けるために
その外に出るために
いろいろなアプローチがあると思いますが、

今、わたしが伝えられる最も簡単だと思う方法をお伝えできたらと思います。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

まず、顔をひらくことです。

なにそれ?と思われる方も多いでしょうか?
ここは文字で伝えるのに限界を感じますが、

耳の位置をぐ〜〜と後ろにさげる
顔の上半分の周り、眉間の外側をぐっと上に上げる感じです。

鏡をみてやっていただけたら
なんとなくわかっていただけると思いますよ。

これの利点は、内面的だけではなく
明らかに表情が明るくなりますので、この状態を繰り返し意識する

ということは
いろんな意味でとても有効です。


そしてこれは
声を大にして、

もうおすすめ、というより

やってっっ!
とお願いしたいくらいなのは、

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

『瞳、眼ざしの向き』を意識することです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

なにか考え込んだりしているとき、
ネガティヴなことを発言しているとき、

ひとは必ず『伏し目がち』になっています。


あ、ネガティヴなこと言ってるなーとか
そんな氣持ちになってるなーっていうときがあったら、是非たしかめてみてください!!



そして、目玉を上に向けてみて!



最初に伝えたように
顔が開き
あたまが開き

ふと、息が入っていくと思います。


今度は、
目を上に向けた状態でなんかネガティヴなこと
言おうとしてみてください

か〜な〜りシンドイです(笑)



難しそうでいて、人って案外シンプルなのかもしれません。。


「考え」でぐるぐるしたり
パンパンに、
いっぱいいっぱいになっているときに、

さらに「考え」を加えたりするのは
得策ではなさそうな氣がしませんか?


目をくるくると回すエクササイズを
日ごろ行ってみるのも良いかもしれません。

最初はつながりを感じられないかもしれません。
ぎゅーーーーーとなっているのに慣れすぎて
麻痺してしまっているんですよね。。

繰り返しやってみているとだんだん
ご自分のあたまの硬さを実感できるようになると思います。


最近、悩みがちだな。。
落ち込んでるな。。
いまある枠を超えたいな

そんな方がいらっしゃったら
是非

「瞳を動かす」
「目を上に向ける」

ことをはじめてみてくださいね^_−☆



ついでに言うと、
この目を上に上げている状態だと

情報の入り方が異なってきます。


届き先が変わる、ということです。


なので、これまでにないクリエイティブなアイデアに繋がったり
違う場所に物事が記憶される

ということが起こるみたいですよ(^^)b

∞    

今日もすべてのひとが
  今一番しあわせの場所にありますように    

∞             ∞             ∞             ∞

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life    

すべての輝きと共に 
 あなたを超えてあなたを愛してもいいですか?

     魂のヘルパー ひだまり   

nukunukuhidamari333@gmail.com   

∞             ∞             ∞             ∞

f:id:nukunukuhidamari:20160523112815j:image