ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

【多様な学びの法案、こんなことになっています】

わたしは

否定とか疑問とかなしに
みんなが「そうなんだな~って」
読んでもらえたら嬉しいです。

よろしくお見知りおきを(^人^)♪


「じぶんは何を感じ」
「どうしたいのか」

 

ひとりひとりの生命
それこそがチカラ<3<3<3

 


わたしはじぶんに集中ちゅう
嘉蕗紫供♪
※↑字面に意味はないよ、たぶんw

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

良かったらメルマガ登録して読んでね(^o^)/
byきむさと

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   おるたネットニュース vol.20 
2016年6月24日配信    
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

_/_/_/_/ I N D E X_/_/_/_/

・コラム………………………不登校問題 学校一本やりでは無理    古山明男
・各種イベント情報…………近日開催される各種イベント情報
・編集後記


■ コラム ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

不登校問題 学校一本やりでは無理
古山明男

「教育機会確保法案」が、今の通常国会で成立せず、継続審議となりました。こ
の法案は、当初はフリースクールなど学校外の学びを合法化するものでしたが、
最終的には、学校外の学びにも言及する程度のものとなりました。法案を国会議
員の間で検討する紆余曲折のうちに、明らかになってきたことがあります。

「学校だけが教育である」、「学校で頑張ることが大切だ」という考え方が、自
民党の一部を中心として根強いことです。国会議員全体としてはむしろ、この勢
力がほうが強かったのです。そのため法案は、学校外の学びを認めるすっきりし
たものにはなりませんでした。

 学校だけで不登校を解決できる? 机上の空論です。現実認識を誤っています。
現実は、教師も、親も、子どもを学校に行かせようと手段の限りを尽くしていま
す。文科省教育委員会も学校も、すでに不登校問題の解決のために、大きな努
力をしています。その結果として、現在の約12万人の不登校なのです。

「学校教育法」には、学校に行かせないと就学義務違反です、罰金もあります、
と書いてあります。しかし、法律で強制しても不登校が多いため、この就学義務
規定はザル法になっています。学校教育法の就学義務は、本来は、すべての人に
学ぶ機会を保障するための法律でした。いまは逆に、柔軟に教育が生まれてくる
のを阻む法律になっています。

 この現実を法的には認めないまま、政府も国会も30年ほど放置してしまいまし
た。制度の不備によって、不登校問題で苦しむ人たちがたくさん出ました。自殺
者すらたくさん現れました。
 現状を率直に認識し、学校一本やりにはこだわらない法律を作ることが必要で
す。


■ 各種イベント情報 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○第9回JDEC(日本フリースクール大会)

 今年冬に「多様な学び実践研究フォーラム」と合同で開催をしましたが、
 第9回は季節を変えて単独開催です。

 6月25日(土)は「教育機会確保法」や国のフリースクール支援施策について、
 民間の立場からはもちろん行政の立場からもゲストを招くパネルディスカッショ
 ンと、参加者全員でのディスカッション。
 6月26日(日)は、フリースクール等で行われる「多様な学び」と「不登校
 子どもの支援」の実践について学びあう時間です。

 開催概要
 日 時:2016年6月25(土)、26日(日)
 会 場:東京シューレ葛飾中学校(東京都葛飾区)
 参加費:6,000円(2日間)/3,500円(1日)
 対 象:フリースクール等のスタッフ、保護者、メンバー、その他関係者。
     フリースクール等の実践を知りたい学生、教員、教育相談員。
     不登校の子をもつ保護者、支援者、その他関係者。
 主 催:NPO法人フリースクール全国ネットワーク

 詳細は下記HPより、事前のご予約無し、当日飛び入りのご参加も歓迎です。
  http://freeschoolnetwork.jp/jdec
 ちらしデータ
  http://freeschoolnetwork.jp/p-jdec/1935
 お申込みはこちらから
  http://freeschoolnetwork.jp/jtform/2016.html


○多様な学びと法制化をめぐる動きから見えてきたこと
 退団 吉田敦彦さん×山下耕平さん
  ~子育ても教育もいろいろあっていい~

 「多様な教育機会確保法」から紆余曲折を経て「教育機会確保法」へと変化し、
 現在法案は「継続審議」という状態にあります。
 今回、法案をめぐって精力的に動いてこられた吉田敦彦さんと山下耕平さんに、
 この法案がこれまでたどってきた経緯や議論のポイントを整理していただくとともに、
 お二人が何を大事に考えてこられたのか、何が課題なのか、これからどうしていけるのか、
 などについて語っていただきます。
 その後、参加者のみなさまでグループに分かれて意見を述べ合い、これからの教育や
 子どもが育つ場のあり方について考える機会にしたいと思います。

 日時:2016年7月10日(日)14時~16時
 会場:箕面こどもの森学園(大阪府箕面市
 主 催:おるたね関西
 参加費:一般1000円 学生・おるたねっと会員500円
 お申込み方法
  こくちーず:http://kokucheese.com/event/index/405649/
 お問合せ:kansai.manabi.forum@gmail.com


○「新しい学びを創りたい人のためのカフェ」
  従来型の学校に捉われない教育を創ろうとしている人、関心のある人たちのため
  の集いです。仲間を見つけ、情報を交換しましょう。
 日時 7月23日(土) 14:00~16:30
 場所 浦安市民プラザwave101
  JR京葉線新浦安駅
 内容 〇対談「私たちは、どのような教育を作りたいのか」
     佐藤雅史(横浜シュタイナー学園事務局長)×古山明男(おるた
     ネット代表)
    〇「教育機会確保法」の経過報告と今後の展望
    〇参加者による懇談
 参加費 1000円(おるたネット会員800円)
 共催 おるたネット、こんな学校にしたい会

 

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
明日6月25日から2日間、新小岩にある東京シューレ葛飾中学にて、JDECが開催されます。
関係者が全国から集まるまたとない機会ですので、ぜひご参加くださいませ。
25日午後のパネルディスカッションでは私も登壇させていただきます。(きむさと)

【おるたネットニュース】

発 行 日:およそ月1回発行+臨時号
発行開始日:2014年11月19日

ご意見ご感想はこちらまで
http://altjp.net/entry003
バックナンバーはこちらから
http://altjp.net/mag01/
メールマガジンの解除はこちらから
http://altjp.net/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=atiti3074@gmail.com