読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

魂のヘルパー ひだまりです♪ もちまえの共感力をいかし あなたの枠をこえ すべての輝きをみつづけます。あなたの目覚め(思い出す)に丁寧に寄り添います。

執着を手放す 〜結局、こたえはいつも、すべて、同じなんだよね〜

ひだまりの両親は

典型的な日本人気質

 

和を尊び
いまを敬い
愛情深い方々です

 

上っ面ではピーピーぎゃーぎゃーと、
いろいろ騒いでいらっしゃいましたし、


今も変わらず同じノリで騒いでいらっしゃいますが

 

淡々と、丁寧に丁寧にいまを積み重ねている方々

 

 

なので、唐突に突拍子もないことが出来ちゃったりもしちゃうんです

 

テレビ観てて、誰かが
「ここ行きたい!」って言って、


特に予定もなく、大して大変じゃなさそうだったら
「よし、行くか~」って、
母はおにぎりを握り出し、

父は洗車してガソリン入れに走ります。

 

子どものわたし達はそりゃ

「やったー!」って騒いでましたが
両親は特別なんということなく

いつもそんな感じだったので
わたしはコレが普通なんだ

と思って育ってきました。

 

 


少し大胆めなものだと

 

大晦日、明治神宮に初詣に行こう♪
と玄関を出たんですけど

 

「寒い!寒い!寒い!」ってんで、

 

じゃあ車で富士山で初日の出にしよう
となって向かったものの

 

高速が空いててすぎて
富士山なんか余裕で夜中のうちに着いちゃって
待ち時間あり過ぎなので、

 

じゃ、このまま
○○ちゃん家に行こう!!って

 

氣がついたら京都の親戚宅で
「あけましておめでとうございます」
の挨拶を交わしていました

 

親戚一同のいる北海道を離れ、
赤ちゃん産まれたばかりだからと

遠い京都で初めて

静かな正月を迎える予定だったおばちゃんは
そりゃもう大喜び♪

 

 

 

どこか行きたい
あれがやりたい
という誰かの発言は、すぐじゃなくても
次の週とか数ヶ月、数年あととかでも
必ず行われる

 

それがひだまり家

 

 


だから
物事は「そういうもの」なのだと
思い込んでいました

 

なんともありがたい話しですね。。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

両親とも、とっても良い人なので
人に迷惑かけるような事はしません

 

ザ日本人って感じで
人と激しく違う事とか、
常識を大きく逸脱するような選択もしません
わたしとは違って^_^;(笑)

 

家族が、家庭がとても大切です

 

わたしの親ってくらいだから
持っているものも、なかなかでしょうが


そこは、わたしも全く知らなかったし
今もほぼ知れてないくらいなので
彼らはまったく完全にフツーの人設定

 

で、なにが言いたいかって


完全に無意識でやってて
悪氣は一切ないんですけど、

 

子ども達を守るのがじぶん達のおしごとで
それが、しあわせ過ぎて強化されぎみで

 

「子ども達を守ることしか
じぶん達にはできない」
くらいな感じ、なんですかね。。

 

この辺は、
わたし分析苦手だし
分析する氣はそもそもないので
確かなことはわかりません。

 

兄やわたしが「離れ」ようとすると
必ずなにかが起こってきました

 

なんとか症候群かよっっ!
て突っ込みたくなりますが


わたし達兄弟が、大胆な選択をしたりすると
ご病氣になられたりします

 

脳梗塞になって倒れたりもしましたが
わたし達が居れば
後遺症はもとより、

すっかり治ってしまいます
(-_-#)

 

 


二度目の離婚をして

 

わたしは
現在の両親のお膝元であるこの地を
離れることを決めました

 

あんな事もあったし
旅のがっこう期間もあったし
もう大丈夫だろうなって
なんかそんな氣がしたんです

 

それに
「わたしが」選ばなけばいけないんだなって
そうも思いましたから

 


ごちゃごちゃ騒ぎだしたころから
手放し手放し手放しつづけてきました

 


後半は完全本氣モードで、
出かたから距離感から
情報も、
あの手この手

 

 

うん、
やりきりました。

 

 


だからもう後悔はありません。

 

 

 

やりきるって
大切ですよね。。

 

 


そこに、
問題だとフォーカスしてしまっている時点で
ダメなんだとしみじみわかりました

 

 


∞             ∞             ∞

 

ひとに与えられたじゆうの行使を
なんびとも阻むことはできない

 

∞             ∞             ∞

 

 

 

なんか調子悪い
って
なにも無いって言われても
繰り返し繰り返し検査して

 

段々、段々と
そりゃなんか見つかるわなって感じで

 

ちょっとの数値が
どんどんリアルに問題化されていき、

 

とうとうガンじゃないかって
相当期間騒ぎつづけて
やっとガン認定

 

いや、百歩譲って
ガンだとしても治せるって、、

治ってる人いっぱいいらっしゃいますけどね

 


わたしも一緒になって
そこを見ちゃったのも
悪かったんだと思うけど

 

 

もうね、今となっては

 

「たくさんの人がガンで死んでるんだ」
「手術して、治療するんだ」
「みんなそうしてるんだ」って

確固とした意志で、宣言されております

 

(-_-)

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

ひとつひとつ大きなことだったけれど、
ここは今は省略します

 

じぶんが開くとき
生命がしょうかされる

 

そんなことが、
これまで繰り返しありました

 

 

ま、フォーカスしてみるからそうみえる
といえば、「そう」なだけでもあります、、、


けど、そんなの
「ひと」の範疇じゃないし

「個」の挟める余地など
与えられていないですよね、そもそも

 


けど、繰り返しみてきたから
つい、ドキドキしちゃってました

 


だから、かな

 

 

 

ひとに与えられたじゆうの行使を
なんびとも阻むことはできない

 


うん、彼らは彼らの選ぶミチを生ききる
それが彼らのしあわせ

なんだな

 

∞    

 

今日もすべてのひとが  

今一番しあわせの場所にありますように    

 

∞             ∞             ∞             ∞  

 

ゆるゆるぬくぬく  ひだまり's Life    

 

すべての輝きと共に  

あなたを超えてあなたを愛してもいいですか?

 

    魂のヘルパー   ひだまり   nukunukuhidamari333@gmail.com  

 

魂サポート 5000円

いま、じぶんはどんな状態で
心は、からだは、意識は
なにを求めているのか

魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

ゆるゆるぬくぬくひだまり's Life
Facebookページ
良かったらイイね!してみてね♪
https://m.facebook.com/%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%86%E3%82%8B%E3%81%AC%E3%81%8F%E3%81%AC%E3%81%8F%E3%81%B2%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8As-Life-785949308202101/

 

∞             ∞             ∞             ∞ 

 

f:id:nukunukuhidamari:20161030075246j:image