ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

わたしの好きな『想ひ遣りかた』 〜 愛しあう 〜

昨日、カフェ

に行った

 

 

 

わたしの

大好きな場所のひとつ

 

 

大好きな場所や

大好きなものも、

 

みてみて〜♪

聞いて聞いて〜♪って

したい類いのものと、

 

そうじゃないものって

ありません?

 

 

ここは

そうでないもの

 

 

それは

 

【 たいせつなもの 】

 

ただじぶんで

感じていたいもの

 

なのかもしれない

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

このお店が

わたしにとって

そのようなものである所以が

 

最後に

わかることとなった

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'

 

じつは、

わたしのカラダは

まだかなりメチャクチャ

 

けれど、

 

待ったら終わるのか

なくなるのか

そんな保証はどこにもないことに

改めて気づいたのだ

 

 

そしてまた

新しいじぶん

 

 

作る氣力もないけど、

どうでも良いものも食べたくなくて

 

 

小一時間かければ辿りつけるトコロに

内容は素より、眺めも空氣感もとても素晴らしいこのお店が在ってくれていることは

とても嬉しい

 

 

 

息子に

大人のアザとさを最大限に駆使して(笑)

一緒に行っていただいた( ̄∇ ̄)

 

なにも頼まず

食べず

かといって文句を言うでもなく

 

ただただ黙って

隣りに座っている姿に

 

コイツ絶対いい男になるな!

と、改めて確信してしまいました

(//∇//)<3<3<3

 

この日の息子の素敵さは

また別の話しもあって、、

 

また書いちゃおっと(^^)b

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

「 帰ろう 」

そういってくれた感じが

なんかまたちょっとよくて、

それで向かったのもあったかな

 

 

 

レジのところに

確か、このお店を担っている方が

おられて

 

 

わたしは伝票を出したので

 

 

 

なんとなく

 

ありがとうございました

いくらいくらになります

的な、

無味乾燥な空氣感のへったくれもないような

(すみません・笑)

そんなありがちなやり取りが

起こることを

 

一瞬でも想像したじぶんを

“恥ずかしく”思いかけました

 

 

 

 

コーヒーを淹れていた方との

ひと言ふた言

 

やりかけていた作業を終えて

他の方に託し

 

ポットを火にかけ

 

 

びしょびしょの手で

 

「お待たせしました」

 

と、会計を。

 

 

 

 

あなたのいまの中から

たいせつに取りだされた

 

そんな瞬間(とき)

 

 

 

 

おつりを受けとるとき

思わずわたしの手も濡れた

 

それほどまで

びしょびしょ、、

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'

 

その瞬間(とき)

わたしたちは愛しあっていた

 

少なくともわたしは

全霊で

いま、愛しあわれていることを

感じた

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'

 

 

そう

 

わたしの贈りたい愛のかたち

あなたを超えて【 愛する 】の意味は

こういうこと

 

だったんだなぁ

 

 

 

なかなか

説明しきれなかったなぁ

いま迄は

 

 

あ、

その方は女性です╰(*´︶`*)╯♡

 

 


 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に
ありますように

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

 

すべての輝きと共に


魂のヘルパー ひだまり nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で


心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

 f:id:nukunukuhidamari:20170423041813j:image

 

※余談ですが

ブログ開設史上はじめての編集っぷり

でした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )