ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

佇み

風船や

帽子屋

 

掲げられた

カンバン

 

 

廃れ朽ちおちた処

 

息づいている処

 

 

 

ちっぽけなアタマが

再会の不安を

大騒ぎしはじめて

 

 

そして知る

 

 

 

これまでのおわりと

 

ほんとのつながり

 

 

 

新しい創造のはじまり

 

生命の源が

 

 

みえた氣がした

 

 

 

 

ただ      住まう

 

ということ

 

 

〜  佇まう 〜

 

 

受け継がれ

繰返されてきた

 

 

生命の営み