ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜そこに還るまでの道のり。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんなわたしの今です。思いっきりあそぶ今をすべてと共に。

生命の価値 ホンモノ ニセモノ カリモノ

見事なまでに

考えも、想ひも

なににも

 

つながらず

影響されずに

 

ただただただ

 

「ひだまり」

「生きている」

 

「Heartが

 

      ある」

 

 

に居続けることができた昨日

 

 

 

なんとなく日々をupしていたころ

人生の舵がきられたころ

なんだかとんでもなく目を白黒させた日々

淡々と淡々と

想ひを綴りつづけていたら

氣がついたらなんだか

みたことのない世界

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

なにをしても

 

なにがあっても

 

なにをしなくても

 

誰がいても

 

誰がいなくても

い亡くなっても

 

 

ただただ

 

【わたしはココに在る】

 

ただある

 

生命が有る

 

存在している

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

世界は、ひとは

楽しくて

生きることが

生きていることが愉しくて

 

つい、はしゃいで生きるのが

フツーのこと、

 

 

なっていたんだな

わたしの中で

 

もちろん

それもいい

それでもいい

 

けれど、

 

うん

それは好み

 

そうじゃなくても

どうでも

 

生は、生

生命、ひと、存在

 

 

ヨロコビって

 

 

深く深く

 

外側に感じられる煌めきを

 

おおもとでたずさえるもの

 

 

 

くう

 

から

 

そら

 

 

 

ただただ感覚する

 

生命のホンモノの価値を

しった今日

 

閑かな

湧きおこり

感動が、生命が

 

ふるえている

 

 

なにもない

 

日(ひ)

 

常(つね)

 

 振動

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'

 

わたしは今、

 

生きている

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・'

 

 

f:id:nukunukuhidamari:20170626025611j:image

 

f:id:nukunukuhidamari:20170626025744j:image