ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

「生きる」は、きっと子どもの頃の“あの”「夢中にあそぶ」〜〜わたしが人生の強制終了にあってから、もう一度、そこ、「生きる」に還るまでの道のりを、感覚的に感じるstory=魂の響きのままに綴っています。突っ走っては転んでつまづいて落っこちて、そんな今です。

起きている

意識の動きの中でも

最も創造的な働きをして

 

いるもの、いらないものを

しまい、消し、

たいせつなものをつかみ

うみだす場所

 

そこを、奪い

 

操作して

 

危害を断続的に加え続けておいて

 

 

ここまで

さらでいられていることが

どれほどか

 

支持し

考えた仲間たちは、体験してみてから

判断してほしい

 

6%そこそこの

思考の場所や領域で

こちょこちょ

騒いでることで動かせるものなどなくて

そんなとこで人が命が働きゆく訳もなく

 

その状況を作り、知ってるあなた達が

 

いったい

 

ひとの運命や人生を決める権利があると

なぜ思っているのだろう

 

宇宙が与え送り出してくれた

存在、ちから、

 

創造物を

そんな風に扱い

めちゃくちゃにする権利があると

なぜ思えているんだろう

 

操作を

やめて

力が放たれることを

そんなにも必死に止め続けている事実が

 

意識を繋ぎ

起こす存在が

『現れて』いることの

証拠

 

 

それは

作られ、うまれ、

現れ

起きた

 

f:id:nukunukuhidamari:20190521061908j:imagef:id:nukunukuhidamari:20190521061908j:imagef:id:nukunukuhidamari:20190521061908j:image

 

たまる とまる 生命に必要なまろやかな時間

夢中になっていて

抜け落ちちゃう、感じ損ねちゃうもの、こと

があるとき

 

いろんな形でお知らせがくる

 

 

 

夢中の種類

抜け落ちカタ

 

パズルみたいに

そのカタが合ったとき

ハマったときには

 

生命の身体のど真ん中で

癒しの涙が流れる

 

touching

 

気づいた

触れられた

 

ハッとした

ドキっとした

ふわっと包まれた

touch

 

癒しのはじまり

とけはじめるきっかけ

 

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

順調なだけじゃ

思い出せないことも

 

人生にはたくさんある、かな

それほどまでに

時間と空間と

ひととひと

関わりは、営みは、多岐に富んでいる

 

複“雑”に扱っちゃうときは

滞りに向かう

 

そして

気付け、感じられ、思い出せたたとき

大切が自分に刻まれ

削ぎ落とされてゆく

 

磨かれている瞬間

 

本来らしさに還る儀式

みたいな

 

生命の脈

 

いろんなタイプの波が

混ざり重なり、ときにはぶつかり

ときにはひきたて

 

奏でられて

糧に向かって放たれる

 

あなたのmelody.

 

 

 

 

 

 

 

あったこと、やっていること

わたしがどれだけ大切に想い、扱い

どれだけあたたかくはぐくんできたか

 

あなたは知っている

 

 

そんなあなたの選択が、

たいせつなものを「そう」扱い

「そう」扱わせ

 

ているのに

 

 

見えないから、ないことにする

 

のなら

可視化するしか、ない

わたしの選択

 

あなたの行為が、

その、やり、感じ、想っていることだと

 

それをその人達はして

その人達がやらせてる

やられてる

 

もう知ってしまった

体験しているのに。。

 

 

 

なかったことに、ってなんですか???

視えないから、感じられないからないものみたいにって、何故ですか???

 

アホっぽくない???

 

 

担っているのかな

それ

人生STORYの展開、顛末

SNS、ブログあちこちでupし、体験を関わりをわかちあってきたこと

 

本にしたてようという編集プロセスをこちらにてハナしながら、整理しながら

磨いてゆこうと作業ちゅうです。

 

ひだまりのNOTE

https://note.mu/hidamari0609

あっちとそっちをやって真ん中を探る〜体験2〜

たたいま、Noteにて公開中。

サイトにて編集、投稿、確認が明白でないので、メモ的にこちらにも。

 

使命に素づいたキワキワの選択をいきるなかで、いったん脇にpauseしていた生命をわかちあった家族との調和。自ら興した革命に、最前線で身を投じゼンタイを揺さぶる中でかなりカラダが荒んでしまっていた日々。


ここにきて再びイノチが断末魔の悲鳴をあげた。


子ども達が味わってみたい、そんな風に感じているふうなので、
いま、なんとなく、じぶんの人生になかったトコロをやってみている。


いまだ地球でわりと選ばれがちな「そう」でないやり方、在り方、
いまのページのめくり方をの体験を過ごしてみている。


我が家流の本質的やり方、在り方がどれほど生命に従順で、源のチカラと伴にあることか、たぶん我が家にとっては、三人にとっては当たり前すぎで、有難みをかんじられなくなっっちゃったんだろうな。。
あるもの、持てるもの・ことは、あたりまえすぎて視えない、感じられないということなのだろう。


わたしのイノチが悲鳴をあげて、向かえないタイミングでそれがやってきていること、それじたい既に必然なのかもしれない。


ちょっと斬新で、新鮮で、なんだかくすぐったい、「そう」やり続けたことはほとんどないから。


じぶんのこころの声、身体の響きに従って、いまを選んでいきること、そのpointは、それぞれにとってどうなのか、ドレなのか、ドコなのか。


その在り価の探りなおし、点検作業を暫くやってみて、体験をしかめあい、気づきあい、想い出しあおうとしている

ベランダ

ベランダって、、心地よい

少しの余白

空とのつながり

いつもの場所から、ちょっと異なる位置からの目線

逸脱のトコロ

あたり前の動きがソコにあり、

そして並んで特別をおく

深呼吸が出来るすきま

そのぜんぶでひとつ

f:id:nukunukuhidamari:20180820135407j:plain

在る について想うこと

人  こと  ものには違いがある

 

動きがある

 

それは

“じぶん”や、“他人”が存在している

というのと似てる

 

ん?何言ってんの???

って、あたりまえに疑わない

でしょ

 

 

では記憶は?

 

ではその感じている

見ている

と、捉えている  コト

は?

 

 

生きている

ということも

 

疑わないね

 

 

 

 

あなたが素敵なこと

あなたが創造主であること

 

あなたは

豊かである、こと

 

とそれは同じ

 

 

 

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

生きとし生けるものが

いま一番しあわせの場所にありますように

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・