読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

魂のヘルパー ひだまりです♪ もちまえの共感力をいかし あなたの枠をこえ すべての輝きをみつづけます。あなたの目覚め(思い出す)に丁寧に寄り添います。

やさしい想い合い

変わるのには時間がかかる

 

やさしい想い合い

 

 

移ろいは

そのとき起こり

 

握りしめたいものがあれば

手放したくないものがあれば

 

また再び手にする

 

だけ

 

 

いいとか悪いとかでなく

 

 

スイッチを切ることが出来る人は

「やりたい」優先で

 

いま一度立ち還り

後で切って解き放つことができる

 

そのおかげで

激しく無茶もできちゃうけれど

 

成すチカラが

大きな所以でもある

 

 

f:id:nukunukuhidamari:20170306055740j:image

良かった。。

ブログさん、ありがとう

 

 

ここ数日は

なにかどうなかなっちゃいそうな

そんな感覚の中に入ってしまって

 

ホントに

どうなっちゃうのかなって

不安になりました

 

 

Facebookにじぶんの想ってること

感じていること

 

これ以上、

ひだまりは違う、、って思われたくなくて

隠していたこと

 

 

遠慮なく書いてみよう

じぶんのために

発してあげてみよう

 

 

だって、

ない事のように扱われてしまっていたら

「わたし」が「わたし」でないから

 

 

あれ?

おや?

これはヤバい?

 

って、

 

そんなラインを

何度も越えながら

 

 

けど、、、

やっぱり書いてみたら

 

もっと、ひだまりは違うって

思われたような氣がしてきて( ̄▽ ̄)

焦ったり、慌てたり

 

(苦笑)

 

 

そして

そりゃ、「それ」として

生かされた時点でこの驚きのミラクルさ

 

かけがえがないってことは

やっぱりわたしも、

あなたも

 

かけがえがない

 

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

この前、仲間たちの前で

話しをさせてもらったときに

打ち明けたお話し

 

機会があったら

他の方にも

聞いていただけるときがあるかな

 

いま、ここでは

「違う」って感じるから

 

なんかちょっと、片手落ちな氣もするけど

 

うん

じぶんで聞いてあげで

じぶんで受け止めてあげて

 

みんなも聞いてくれて

受け止めてくれて

 

 

そんな風に生きようとするなんて

変すぎだよなって想ってたけど

そんな意地悪な想い方するのは

 

一番、意地悪で辛辣なのは

 

わたし

 

だった

 

 

みんなの想い

 

愛と優しさに

浸れることができた

 

 

 

じぶんさんが納得できた

 

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

ブログのおかげで

何度も何度も

意識の

驚きの変容を遂げさせていただき

 

この辺りから

http://nukunukuhidamari.hatenablog.com/entry/2017/01/24/あぁ。。_〜_生きる_がやってきてる?!〜

 

 

大きく大きくシフトして

 

 

ますます

周りの方々の存在が

奇跡のように感じられるようになってきた

 

みんな

あたり前そうに

送る日常

 

 

 

軽んじて突っ走って

転んで大怪我して

 

起き上がることができる

 

毎日、洗濯ができる

(あ、やらない日もあるけど・笑)

 

ご飯が作れる

食べられる

 

美味しい

 

 

 

そんなひとつひとつに

涙が溢れた

 

 

子ども達には

 

ため息つかれた(笑)

 

でもちゃんと

ぎゅ〜〜〜って

してくれる

 

 

子ども達も

想ってくれてて

きっといっぱい心配してくれてた

 

 

最近、

なんだかいっぱい

 

スネたり

怒ったり

ダダ捏ねたりするの

 

 

あぁ、

ママにもうそうしても大丈夫

 

そう感じられたんだ。。

 

 

なにをしても

感じても

受け止めてもらえる安心のママに

 

帰ってくることが

できたのかも

 

 

ものすごく怒ってる姿が

 

 

嬉しくて

ありがたく想えた

 

 

、、、

 

あれ?

変態度が

 

増してる?

 

 

ま、いっか

もともとだよ

 

もともと

 

 

今さら

今さら

 

 

(笑)

 

 

昨夜、ブログに書くとき

 

あ、

わたしコレ

 

甘えてるのかもって

思った

 

 

一番大変なときに

踏ん張る癖を

ひとつ乗り越えた、、かな

 

一回だけど、

うん

 

やれたよ

 

ひだまり、エラいっっ

素敵っっ

素晴らしいぃ〜♪

 

(笑)

 

 

昼から

相当迷ったんだよ

 

閃きは

またブログに「はなす」だったけど

 

あんまりシンドくて

遠慮のほうが強くて( ̄∇ ̄)

 

 

けど、書かせてもらえて

良かった

良かった

 

 

ありがとうm(_ _)m

 

おかげさまで

 

今朝はまた

穏やかです

 

f:id:nukunukuhidamari:20170305062938j:image

 

 

「生きる」なのかな。。

「じぶんを出す」

と決めた途端に

次々、次々、次々と

 

いろいろな想いが、感情が

感覚が頭に、カラダに沸き起こり

 

 

すっかり動転してしまいました

 

 

 

カラダって

こんなに大騒ぎするんですね。。

 

 

脳がショートして

Heartが焼けそう

 

 

 

閑けさの中に

やっと戻れたと

安らげた矢先だったのに。。

 

 

じぶんでも意味不明なくらい大騒ぎのまま

それをそのまま書いたりして

お恥ずかしいかぎりですm(_ _)m

 

って、これまでもずっと

そんなだったかな。。

 

 

 

 

わたしの

これまでの辞書にはない

枠を超えるということ

 

皆さんが

指し示してくださっている

そっちへ向けての

 

抵抗、かな?

 

 

 

哀しかったことを

哀しみきれずに

あの時置き去りにしてしまったものが

 

 

沸き立って

いるのかな、、、

 

 

 

ひなたぼっこがやっとな

そんな今日

 

 

「生きて」いるんだなぁ。。

 

 

 

そんなことを想いました

 

 

 

 

あぁ。。

 

これが

「生きている」の

実感、なのかな

 

 

 

 

あの時、

 

そんなこと

世界にあることって

想定もしたこともなかった

 

「感覚を超える」が

この身に起こって

 

、、、

 

そして今

ぐる〜〜っと廻って

 

 

感じ尽くす

 

がやってきた

 

 

 

そんな今です

 

 

 

 

わたしの全身全霊が

 

いま、感覚しています

 

 

 

 

 

 

 

 

子育ては無条件の愛を受取るレッスン 2 〜手放したいstory〜

いまに至るまで

たくさんの出逢いのおかげさまで

 

じぶんでは信じられない程の

サポートをいただき

 

おかげさまで

たくさんたくさんの要らないものたちを

手放すことが出来ました

 

 

にんげんrenewal

何回やるんだろ、、

 

そんな歩み

 

 

 

そんな中、

 

じぶんでも

昔とは違う居心地の悪さを感じ

 

ただただ夢中で生きていた

あの感じを取り戻したくて

 

じぶんさんと

七転八倒の日々

 

 

だ〜か〜〜ら

それが一番要らんのよっっ

 

って、盛大な突っ込みが

湧き上がるのを感じつつ(笑)

 

 

でもやっぱり

じぶんでも「らしくない」と感じる反応が

ココに有ることに

 

 

数ヶ月前、やっと氣がつくことが

出来ました

 

 

そして

それが起こるわけにも

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

※もうね、脳内絶賛フリーズしまくりなわけ〜

いつもそうで今さらだけど

いつにも増して

story展開とか氣に出来てなすぎですよね

m(_ _)m

 

だって一番は

 

子育ては無条件の愛を受取るレッスンっぷりを

書きたくて書き始めたのにーーーーー

 

なのにーーーーー

 

( ̄ー ̄)

 

 

頭で考えて選んでるのでなく

これを書くんだなぁ。。がやってきて

書いている

 

それがわたしのブログであることの

間違いなさ加減炸裂

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

で、なんだっけ?

 

「らしくない」

ね、らしくない

 

、、、、、

 

まずさ、

それが起こる理由がわかったわけ

 

ひなたぼっこ注意報で書いたけど

http://nukunukuhidamari.hatenablog.com/entry/2016/05/20/072330

 

じぶんでは

ずいぶんの欠陥っぷりだなって感じてた、

しょっちゅうやってくるなにもしなくなる

ポーズ状態

 

なんか意外と、ひとに必要な時間だったようで

 

要らないものが削ぎ落とされていくと

それに更に拍車がかかり

 

じぶんの脳内の特急加減に驚くわけです

 

 

ひとの脳って

スッゴイんだなぁ。。

 

そして

 

子ども達を見守りながら

しみじみ実感している

 

ひとの無限さ加減を

なんだかどんどん

我が身でも体験しはじめるわけです

 

 

いやいやいやいや

 

ひと、

凄すぎでしょ

 

 

脳のね

回転スピードが半端ないみたいなんだよね

コレ

 

だからさ

 

 

あ、それともう一つ

結果を先に見るだけじゃなく

感覚として体験して、そして

そこから一からスタートするという

 

わたしの性質のせいも

大きい

 

体験してて

それが感覚としてリアルにココにあるのに

なのに

頭ではまるでわかってないわけ

 

そこも

ひとの凄さ、だよね

 

「忘れる」機能

 

結果の感覚先取りで

いまを歩んでいるわけ

 

まぁ、だから

いまに疑問を持っちゃったりもします

あれ?ソレまだ起こってないの?

ってな加減で

 

 

 

 

あ、ちなみに

誤解なきよう

しっかり読んでいただきたいところですが

 

出来るもんなら

大文字とかにしたいけど

やり方わかんなくて残念

 

 

【 わたしのヴィジョンや体験に

他の方は出てきません】

 

目の前におられれば

感じることいろいろありますがそれも

ほぼ「わたし」の領域で行われるので

 

小さなひだまりさんには

預かり知らぬことがほとんど

 

皆さんはよく

わたしの動きや発言から

いろいろ受け取り

考え、皆さんなりに理解し受け止めてくださって

 

あぁ、

皆さんのほうが

わたしよりず〜っと

わたしのことがわかってるっっ

 

そう感じること、そんな機会が

てんこ盛りです

 

けど一方、

やっぱりそれは

他の方フィルター

 

いやいや、全くそうじゃないっ!

そんな解釈も

多々、多々、多々

 

【あたり前】だよね

 

受け止めていただけた感を抱くことができて

ありがたいときは

ありがたい想いを感じさせていただくけど

 

そうじゃないとき

 

そうじゃないからって

あたり前だから

だからあえて「違ってますよ〜」って

伝えたり、いったりする

必要性を感じてきませんでした

 

 

でも、違うことも

伝えないと

わからないよね

 

それも多分きっと

大切

 

 

誰かと、とか

どこでとか

 

そんな制限された設定

 

小さなひだまりには

まるでわかりません

 

悪しからず

 

 

 

 

で、話し戻して

 

 

「らしくなさ」ね、

逃げない、逃げない

 

(苦笑)

 

 

そんな事、ホントに起こるのかわからないし

いまはどんどん移ろっていて

なにも決まったことなどないことは

 

よ〜くわかっているはずなのに

 

わたしさんの脳内思考スピードの速さゆえに

起こるひとつひとつに

いちいち余計なstoryを勝手にたてて

勝手に拒んだり苦しんだり

してしまうわけ

 

でさ

もう皆さんに失笑されるの必至だけど

 

 

そんな、そんな想いがあるからさ

 

誰かと

関わったりしたら

困るわけ

 

 

もうあんな想い、

二度としたくないから。。

 

 

 

、、、、、

 

ね、早すぎ、、だよね(爆笑)

 

 

子どもを見守るのが

わたしのお志事のはずだったのに

なのに

 

生命を護れなかった

 

 

その事が

ショックすぎて

 

もう二度とあんな想い

したくなくて

 

 

だから

もしこの後、

 

誰かと出逢ったりしたら

好きになっちゃうかもしれないし

好きになっていただくことも

あるかもしれない

 

万が一そんな事でも起ころうものなら

 

赤ちゃんが、

来ることになるかもしれない

 

けど、、、

って、

 

 

 

もう書かんでいいよね(´ω`)

 

 

だから、

 

だから、

 

誰とも関わる訳にいかない

 

 

じぶんのお志事

 

もう務められない

務めたくない

 

 

それがもしまた万が一

この身に起きてしまったら

 

しあわせすぎで

嬉しすぎて

 

きっと

「ごめんなさい」って

 

もう想っていられなくなる

 

 

だから

 

だから

 

 

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

いや、ホントに

ホントに

子育てが無条件の愛を受取るレッスンっぷり

書きたいわけ

 

(笑)

 

つづく

 

 

 


 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に
ありますように

 

∞              ∞              ∞              ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

すべての輝きと共に


魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で
心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞              ∞              ∞              ∞

 

f:id:nukunukuhidamari:20170303073821j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

子育ては無条件の愛を受取るレッスン 1 〜手放したいstory〜

わたしのホントのところの想いとして

違うレイヤーの異なるstoryの方が

圧倒的なチカラを有しているけれど、

 

小さなひだまりさんの

心が握りしめているstoryをまたひとつ

手放しさせていただこうかと思います

 

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

 

いろんな事をやりきって

 

【 結局、ひと、なんだな 】

というところに辿り着いて

 

そして迎えた

母という『居場所』

 

 

子ども達の存在、子ども達との時間は
ミラクルの連続

 

 

我が家の子育ては

こんな感じで

http://nukunukuhidamari.hatenablog.com/entry/2017/01/30/ひとでなし、いえでなし

 

そしてわたしの日々は

 

愛と向き合う毎日

 

 

ブログや以前のFacebook

散々書かせていただいてきましたが

 

なんか小さい頃から

「子どもを見守るひと」

設定があったんですよね

 

幼稚園のとき、きれいで優しくて大好きになった麗子先生になろうと思って

幼稚園の先生になる!って決めました

 

そして、世界に起こるすべてのことを

「わたしの子ども達が大変Σ(・□・;)

わたしは何をすれば良いんだろう

何がしてあげられるだろう」

 

そんなフィルターを通して

そして

いろいろな体験をさせていただきました

 

 

 

※手放しちゃれ〜〜んじっっ

ここまで来ても

書くのめっちゃ勇氣、いるわぁ(o_o)

 

 

これは以前にもFacebookに書いていたけど

二番目の旦那さまとの日々が

なかなかなかなか〜な感じで

 

何度も「別れるもあり」

そう思いつつも続けていた理由に

 

ソコで誕生をまつ三人目の赤ちゃんがいるのを感じていたからというのがありました

 

 

相変わらずですが、

もうねかなりリアルにみえてる訳

 

この子を迎えるってことは

いま離婚はないよね。。

うぅ〜む、けど、、、

 

そんな想いを行ったり来たりをしつつ

もうかなり訳がわからない感じになってきてたある日

 

お互いぶつかりつつも

じぶんと向き合う日々を続けていたことにはかわりなく

何度も何度も何度も想いや関係性が

寄せては返しており

 

ふと、

我が身に生命が宿ったのを感じました

 

 

あぁ、ホントにきた

きっとここからまた新たな展開があるのかなぁ

 

なんて思ったものの

何度やっても妊娠検査薬さんが

無反応

 

プラスもマイナスも

どっちも出ないんです

 

宿ったのが勘違いなら勘違いで

マイナスがでるっしょ?!

 

しっかし

どっちも出ないの

買い直してみても

 

、、、、、

 

このとき、わかりました

 

この子は産まれてはこないんだなぁって

「頭では」

 

 

そして、その日がやってきます

 

 

 

じぶんで

 

この身から去るときを

みまもりました

 

 

 

ホントにホントにごめんねって

わたし達がこんなだから

この地上に降りてこられなくなっちゃったね

 

そんな想いが溢れていたのでしょうが

 

 

この時は

まるでなにも

感じることが出来ませんでした

 

 

 

 

これはずいぶん後になって

わかることになるのですが、

 

実際わかりませんよ、

わかりませんけど、

 

離婚して

新しい仕事やスクールのこと

夢中でやり続けて

生活を整えようとして

 

ふと訪れた「ま」に

 

赤ちゃんが

離婚前より

ずっとずっとリアルで

ずっとずっと近くにやってきたのを

感じました

 

 

ビックリ(・Д・)ノ

 

パパが違ったんかいっっ

 

 

 

つづく

 

 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に
ありますように

 

∞              ∞              ∞              ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

すべての輝きと共に


魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で
心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞              ∞              ∞              ∞

 

f:id:nukunukuhidamari:20170303062125j:image

 

 

 

 

響きあうと明け渡す 〜ひとつのブレイクスルー〜

これは無理、言えない

わかってもらえるわけない

そんな想いを
聴き、受け止めてくれた仲間がいて

おかげさまで

世界がまた
どんどん展かれていっています

 

感じる感覚が
さらにさらに微細になるような
そんな機会を次々にいただき


そのおかげさまと

この、大きくて大切な流れの
おかげさまで氣がつけたこと

 


わたしがわたしを
否定していた中でも
わりと代表選手のことがらに、


以前もFacebook
書かせていただきましたが

青くみれば青く在り
赤くみれば赤く在る

そんな性質(たち)がありました

 

それをもって

じぶん軸が弱い
じぶんがない
などと、

自己攻撃てんこ盛りの嵐


けど、たくさんの方の

それもそれも、それも
イイんだよ

それでもそれでも、それでも
大丈夫


そんな愛のシャワーを
浴びせつづけていただいたおかげで

その性質(たち)を
はじめて違う角度から眺めてみることが
できたのです


そして、
すべては

じぶんのため
倖せのために起きている
そんな視点も加えてみたら

あら不思議


何も変わっていないのに
まるで違う世界に

 

これだけ盛大な移ろいの中に在るのに

ひととして
良さげな感じがせず
じぶんでも( ;´Д`)しょぼ〜ん
って感じのものなのに

それでもドカンと在り続けるからには


【 わたしが選んでいるんだ 】


そこに立ってみると


いや、
ホントにホントに
ホントに

わたしが『好きだから』
やっていたんだってことが
腑に落ちました

これまで
ひとに想われるように在ってしまっている
という否定からくる思い込みの判断を
その行為に与えていましたが

 

全然、違う見方も出来たっっっ

 


明け渡してしまっていたのではなく

【 響きあって 】いたのだ


また

そこに一番大きく
氣がつけたおかげで
いっきにチカラがぬけたのは

じぶんに起こる響き

それの翻訳機能が
まるでフラットに働いてくれて
いなかったってことでした

'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・

相変わらず日の入りと共に
スイッチが切れてしまい
早々に眠っていたところ

ふと夜中に話しをすることに


なんとなくその時は
あかちゃんみたいだなって
そんな感覚でした


否定も固定もないところのはずなのに
いつもの例のそのスイッチ、全開

あれ〜〜〜

まぁ相変わらず
その辺のところは「委ねる」専門で
コントロールとか
いまのところ完全に無理なかんじなので

起こるままにまかせる


ただ、それだけ


ひとが「はなす」ことで起こせる
変容のすごさ、すばらしさ

その恩恵を
ついこのモード、

起こるままにまかせる
モードでいくと


ご存知のとおり
よ〜〜く怒られたりしたものですが

(苦笑)


己れの内にも
否定を湧きおこすこともなく
ただただ
ただただ

そこに在り
呼吸(いき)をして

ソレをやっていたら、


何を言っているんだろう
なんで泣いているんだろう

必要だから
大切だから
愛だから

で、いたら


翌朝、わたしのカラダに
ブレイクスルーが起きました


カラダの感覚のため
今一つ現しきれないけれど


お子さん達が
なんだか朝からずっと
きらきらと笑い続けています


まっすぐに
わたしの求めるままに

響きあうことができたから

だったのだろうなと

感じています


いいのか、わるいのか
共にあった相手も
同じように移ろえるものかわかりませんが、


じぶんを
ひとを

相手を

そこがいまだった必然を

今度は間違うことなく
わたしは信じきります

 

そして
わたしの内にわく響きそのままに

現すこと
伝えること

じぶんを出すことを


いまここに
選択します

 


 

生きとし生けるものが
今一番しあわせの場所に

ありますように

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life

 

すべての輝きと共に

 

魂のヘルパー ひだまり

nukunukuhidamari333@gmail.com

 

 

魂サポート 5000円


いま、じぶんはどんな状態で
心は、からだは、意識は
なにを求めているのか


魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に
丁寧に寄り添います

 

∞             ∞             ∞             ∞

 

f:id:nukunukuhidamari:20170301061308j:image

テーブルクロスを引き抜いた 〜いっか、空っぽで〜

ふいに

大いなる閑けさと
微細な波に身をおかれ

 

混乱した日々

 

 

いつかテーブルクロスを引き抜くときが
来るのを感じながら

その瞬間(とき)は
あまりにも未知でドキドキで

訪れて欲しいような
やめといていただきたいような。。


そんな感覚を抱いていた氣がします

 


テーブルクロスを引き抜くって


あの、見事なテーブルセッティングをして
で、意識と呼吸で
上のお皿をいっきに引き抜く、

アレ

 

 

閑けさの中は
居心地がよく

出すも入れるも
足すもひくもなく


ただただすべてが輝きにきこえる世界

 

ん?
あれ???


こんなんで良いのかなぁ。。って
時々想って
「なにか」を、採用してみる

 


閑せさを取り戻し

そのあと

いま一度大騒ぎしてみたら

 

今回、じぶんの採用パターンがわかりました


じぶんの身に体験させる移ろいを
どこから見出すのか

 

 

生きること、
存在すること、

人生の日々の展開は
楽しむために起こし
体験すること自体が目的


そのことを
改めてみてとれた氣がしています


*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


スクールの夏休み企画として開催した
「じぶんのじかん」


その時、

じぶんを生きる
主体的に生きる

と、そうでない選択の間にある

「ところ」に触れた

 

それは
わだかまりであり
反発であり
諦めであり
うんざり感のようなもの

 


これか、
これなのか

これなんだな。。って

 

思わずソコに見入り
み続けてしまった

 


わかりますかね、
ひだまり感覚の
いつものズッコケっぷりからの
この失敗


わだかまりの源である
そこに魅入られてしまったんですよ
ずいぶん長らく

 


なんとか
良さげな表現をすれば

「聴ききった」


じぶんが納得できるまで
ソコを聴ききった
感じきった

 

 

えぇ
誰に頼まれた訳でも
それがなんの為になるかも
わからないけどね

相変わらず
わたしさんが勝手に( ̄ー ̄)

 


そこを軸に
閑けさの中から
自らの動きを起こそうと
あの手この手した日々

 


やっとやっと
やっと納得してくれたみたい
わたしさん


だってなんのことはない
閑けさにいれば
いいだけのことなのだから

 

今回、[これまでのじぶん]

をカタチどるかのように


派手にいろいろ採用し
大きくいろいろ感じ、移ろい、現わしてみて


改めて

 

 

【閑けさの中で
移ろいを感じきる 】


それが
いまの私なのだ

 

なんだ

それでよかったんだと
思い出しました

 


場にある
人との関わりの中で

何処を聴き
なにを採用しているのか

 


その癖を
すぐに100%手放せるのかどうか
わからないけど

うん、別に
100%手放さなきゃって訳でもないけど

 


けど、

やらなくても、いいな
ソレはわたしが

 

お任せでd(^_^o)

 

 

人の中でも
人の前でも

空っぽでいるのに
慣れよう


 
∞ 



 

生きとし生けるものが


今一番しあわせの場所に
ありますように

 



∞              ∞              ∞              ∞ 



 

ゆるゆるぬくぬく ひだまり's Life 



 

すべての輝きと共に 




 

魂のヘルパー ひだまり
nukunukuhidamari333@gmail.com

 




魂サポート 5000円



いま、じぶんはどんな状態で


心は、からだは、意識は
なにを求めているのか



魂の声に自ら耳を傾けてゆく過程に


丁寧に寄り添います

 



∞              ∞              ∞              ∞

 

 f:id:nukunukuhidamari:20170228143027j:image